通販の人気商品や最安値情報!!

通販の人気商品や最安値情報、さらにレビューもご紹介しています。人気商品をお得に購入しましょう。

アウトドア

ドッペルギャンガーのバイクガレージ Lサイズのレビューと組み立て方法

投稿日:

あなたの大切なそのバイクの保管方法はどうしているでしょうか・・・。

中型のバイクの保管場所に悩んでいます。もちろんバイクカバーでも良いけど、自宅の敷地内に快適で安全で尚且つ、すぐに乗り出せるようなバイクの保管方法って何かないかな・・・。

中型バイクを自宅の敷地内に快適&安全に保管する方法をずっと考えていました。まず大事なのはバイクを人目に触れさせないことですよね。

バイク泥棒は意外と多いため、とにかくバイクの存在をなるべく隠さなければなりません。次にバイクにすぐ乗り出せてすぐ仕舞えることも大切だけど・・・

そこで見つけたのがバイク専用のガレージを作ってくれる「ドッペルギャンガー バイクガレージ」です。ドッペルギャンガー バイクガレージLサイズの詳細とレビュー、組み立て方法についてご紹介します。

 

ドッペルギャンガー バイクガレージ Lの詳細

【ドッペルギャンガー バイクガレージ Lの詳細】

  • サイズ:W1,600 x H1,700 x D2250 mm
  • 重量:14,7kg
  • カラー:グレー×オレンジ
  • 生地:ポリエステル
  • フレーム:スチール
  • 付属品:ゴムバンド・ペグ
  • 価格:23,800円(税込・送料無料)

ドッペルギャンガー バイクガレージ Lは小型バイクから大型のツアラーまでスッポリと覆ってくれて、さらに内部にはちょっとした作業スペースもあります。やはりバイク保管にはバイクガレージです。

屋根だけのものではなく、すっぽりとバイク全体を覆えるタイプのものを探していましたが、しっかりとしたバイクガレージはどれも高額ですが、予算を数万円程度で抑えるべくネットで検索していたところ、ヒットしたのがこの商品でした。

グレーにオレンジのポイントカラー、そして白抜き文字が見た目的にもお洒落で、価格も2万円台とお手頃。そして簡単に組み立て可能と解説されていたため即決しました。

ドッペルギャンガー バイクガレージの組み立てはポールを組んで被せるだけ

*動画はシェルター2を使用していますが、バイクガレージ Lと組み立て方は変わりません。

ドッペルギャンガー バイクガレージ Lは、テントのように簡単に組み立てる事ができます。

ドッペルギャンガー バイクガレージ Lのポールには番号が振られてますので、その番号に合わせてつなぎ合わせるだけでフレームが完成します。

完成したフレームに生地を被せて固定するだけでOKです。強風対策に付属のペグを使って地面と固定するする事で安定感が増しますね。

 

ドッペルギャンガー バイクガレージ レビュー

【SUZUKI GSX-R 1100】

バイクに乗ったまま頭から突っ込んで駐車できるほどの高さと広さがあります。いちおう杭で固定しましたが、移動しようと思えば可能なほど軽量です。小窓のベンチレーションで風通しもよく、風の強い日にもびくともしません。

【KAWASAKI ZZR1100】

もうすぐ愛用して1年になろうとしていますが、雨が染み込むようなトラブルも皆無です。また今後バイクを手放したあかつきにも自転車ガレージや庭工具入れなどに役立つサイズ感。座れば人が3人ほど詰められるため、災害の際の簡易避難所としても使えそうです。

【HONDA FORZA】

簡単組立とのことでしたが、説明書には文字がなく簡易のイラストのみだったため、2人がかりでもけっこうな体力と時間を要しました。うまく組み立てるコツなどが書かれていなかったので、ちょっと苦労しましたがビックリするくらい広いです。

【YAMAHA YZR500】

他にも予算を比較した商品はあったが、予算を大幅にオーバーしたためこちらの商品に決めました。小型バイクや自転車なら2台、中型~大型バイクなら1台保管可能です。設置する場所の湿度などにもよりますが、内部に自作棚を設置してバイク用品を補完することも可能です。

【HONDA CBR1100RR】

内部にはライトを吊り下げるフックや小物を補完するためのメッシュポケット、空気を入れ替えるためのベンチレーション(網付き小窓)が付いていて気の利いた造りとなっています。床は直接地面が剥き出しになるため、コンパネ材を敷くなどしてタイヤの沈み込みを防ぐのがお勧めです。また春夏は虫の侵入もあるため、防虫の工夫も必要です。

 

まとめ

バイクの保管にはバイクカバーが一般的ですが、カバー自体が2㎏ほどもあって掛け外しのたびに、かなり体力を消耗しまう経験があるのではないですか。

また、バイクカバーは風などでカバーと車体が擦れて、知らないうちにボディに傷が付いていたりということもあって、大切なバイクを安全に保管したいものですよね。

傷もつかずにもっと効率的なバイクの保管方法をお探しのあなたには、このドッペルギャンガー バイクガレージ Lはお勧めです。

 

 

-アウトドア
-,

執筆者:

関連記事

アウトドアテーブル おすすめはコールマン!使い方や気になる点をレビュー!

ピクニック用のアウトドアテーブルが壊れてしまい、新たなアウトドアテーブルを探していました。 バーベキューも時々するので、これまではその都度アウトドアテーブルをレンタルしてたんですよね。 自分のアウトド …